海外旅行でダイビング、母と温泉旅行も

もし、今の収入が月々5万円増えたとしたら、3万円は貯金してお金を貯めます。

月々3万円貯金をすれば年間36万円 。近場の海外であれば、飛行機代もそんなに高くないので、仕事のストレスや平凡な今の生活を忘れてリフレッシュするために有給休暇をとって海外旅行に出掛けたい。

きれいな海でダイビングしたり、たくさん買い物してきたいです。

残りの2万円については普段の自分へのご褒美と母に使います。

エステに通って自分磨きしたり、普段なかなか行けない高級レストランにおいしいものを食べに出掛けたり、3ヶ月に1度くらいは一人暮らをしている母を誘って小旅行にも行きたいですね。

温泉旅行に連れていって少し親孝行ができたらいいなと思います。

肌のレーザー治療で美しく、水墨画習得も

日々シミやくすみに悩みながら過ごしており、メイクでカバーするのも難しくなってきました。だから、5万円増えたら、美容クリニックのレーザー治療を受けたいと思います。
これは1回で1万円。月に1回受け続けるとずっと効果が続くそうなので、毎月1回1万円は使うことになると思います。
そして、肌のくすみを改善してくれる美白コースのエステも受けたいです。これは全7回で5万円なので、2ヶ月ほどで5万円は必要になってくると思います。

また、美容にばかり使うのももったいないですから、以前から描きたいと思っていた水墨画を習ってみたいと思います。他の絵画ではなく、水墨画で龍を画いてみたいのです。これが月2回のおけいこで1万円ほどかかると思います。

残りはやはり貯金に回したいと思います。

車のローン、さらに収入アップを目指し投資

月々の収入が5万円増えるなら、車のローンを繰り上げ返済したいです。

返済後は、半分は今後子供が産まれた時や、旅行にいくために貯金して、残りは自分のために使いたいです。例えば、現在使用している化粧品よりも質のいいものを購入したいです。また、以前、アメリカに留学していたことから、さらに自分の語学力を磨くため翻訳専門職資格試験を受けたいと考えており、資格試験のための勉強に使いたいです。テキスト代や講座なども費用がかかるため、約2万円ほど資格試験のためにまわせればいいかなと思います。
毎月、買い物をしたりおいしいものを食べるのもいいですが、せっかく自由に使えるお金ですから、さらなる収入アップを目指して自分に投資するのがいい使い方かなと思います。

老後資産を運用で貯め、外食で家族サービス

毎月5万円が増えるならそのうちの3万円を使って毎月外資預金をするなり、FXや株の購入などで資産運用をしたいと思います。
お金を増やす仕組みを作って、その利益でまたお金を運用をする。そうやって老後の資産を運営で貯めていけたらと思います。

5千円は普段中々仕事で子供に会えていないので、家族サービスをする為に積立します。年間6万は貯めることができるので、国内に連れて行き、思い出を作ってあげたいです。

1万円は普段あまり外食をしないので料金を気にせず色々注文したり、遊びのためにゲームセンターやカラオケなどで残さず使ってストレスを発散していきたいと思います。

最後の5千円は銀行に預け入れて、もしもの時の臨時支出に使いたいと思います。

貯金、家族旅行でディズニーランド

まず3万円を貯金します。そして残りの2万円で自分や主人、子供の洋服などを買います。

でもそれだけでは使い切れないのでスクラッチ等の宝くじを購入します。購入して当たれば儲け物。当たらなくとも夢を買えたということで多少は気持ちも晴れます。

そして3万円×12ヶ月でたまったお金で家族旅行へ出かけます。東京へ行ってスカイツリー。はじめてのディズニーランドで思いっきり楽しみます。ホテルもディズニーランド内のホテルに宿泊。翌日はゆっくり園内のお土産を見て回って買い物三昧。帰りは子供の好きな新幹線で帰路に着きます。残ったお金で外食をして、温泉にでもつかってのんびり。あぁ5万円毎月もらえるって本当に素敵・・・と考えながらまた貯金を始めるのです。現実だったらなんてすばらしいんだろう。

釣り竿や水槽…よりも冬の時代に備え貯金

私の月収が5万円増えても、悲しいかな、きっと貯金に回してしまうかもしれません。

本当だったら新しい釣竿がかえるとか、新しい水槽が置けるとかそんな夢や希望を書き綴りたいところなのですが。こんな時代ですからね。
蟻とキリギリスの蟻のようにせっせと蓄えて、冬の時代に備えようとしてしまうかも。・・・ってか今が冬の時代ですね、そうですね。

ということで、月収が5万円増えても、私は貯金に回します。
夢がないなーと思いつつ、意外とこう考えちゃう人、多いんじゃないかなー。

旦那に秘密、美容へ投資したいがへそくりに

ひと月プラス5万円の余裕なんて想像するだけで思わず頬が緩んでしまいます。
現実的に考えて「家族のためにも、ここは手堅く貯金!」と言いたいところではありますが、本音を言うとこっそり自分のために使いたいです。

今ではドラッグストアのセルフ化粧品しか使えないけれど、5万円あれば某有名女優さんが宣伝している高級化粧品をライン使いするもの夢ではありません。ヘアサロンにだって節約のため半年に1度なんてしみったれたことを考えなくても毎月行ってもお釣りが来ます。残りは何の気兼ねもなく洋服を買いたいし、さらに余ったなら、昔から興味のあった習い事を始めてみたい。   

けれど実際、それが現実になったなら、小心者の私は結局全て貯金にまわしてしまうでしょう…。できれば旦那には秘密にできたらベストです!まとまった額の_へそくり_があるだけで、人生に安心感と潤いが出そうだから。
何にしろ、ひと月にプラス5万円…ものすごく魅力的です。

貯金の足しと異国文化味わい旅で心も潤う

月に1万円は積み立てて、1年で12万円分で主収入で作っている貯金の足しにしようと思います。

もう1万円を自分の趣味、習い事費にあてます。今は習い事をしたくても出費が増えるのを避けたくてできないでいるので、自分の心を豊かにするための出費ができると嬉しいです。

あと3万円はこれも貯めて1年で36万円。大好きな海外旅行へ出かけます。休みがしっかり取れたらさらっとヨーロッパを回ります。休みが長くとれなければ、タイ、ベトナムなどの東南アジアの異国文化味わい旅か、韓国、台湾へ行って食べ歩き旅もいいなあと思います。

月5万円でずいぶん心が潤いそうです。

旅行貯金、フランス料理、ローン返済

毎月5万円増えたら、かなり助けられますね。理由には、例えばマイカーローンだったり、旅行や貯金なんてのもいい方法かもしれません。

個人的には、月に5万円あるとすれば、やはり毎月切り詰めた生活をしているので、それだけの余裕ができるのなら、美味しい食事などに出かけてみたいです。
随分行っていないフランス料理、年にあまり買うことのできない衣類などもいいかもしれません。春夏秋冬に分けて服を買い換えることができるだけでも充分に間に合う金額ですね。

また他にも、年に一度、いえ、二度三度と旅行などにも充分に行ける金額だし、それとも普通に生活費として使うこともできる金額でもあるので、そう考えると5万円はやはり大きな金額だなった思います。

考えるとにこにこ、外食の愉しみと老後貯金

もともと日々倹約を心がけている、というよりは光熱費や食費の数字が減ること、通帳の残高が増えることに喜びを感じるタイプなので、必要ない物事には一切関わらないようにしていました。
でも、月に5万円の収入が増えるとしたら、考えるだけでにこにこしてしまいそうです。
わたしの場合、まずは毎月5万円のうち1万円は貯蓄の足しにします。

この頃は自宅で料理する腕を磨いて、おいしくないのに高くつく外での飲み会ではなくホームパーティーにするようにしていましたが、ちょっとした余裕で月に1度くらいは恋人とお洒落なレストランで食事をしたり、仕事帰りに友人とお酒を飲んだりする、今しかできない人との交流に2万円くらい現状に追加で回せれば、愉しみが増えそうです。
あとの2万円は、老後や特別支出への備えであるいつもの貯蓄とは別に貯めたいと思います。目的は両親への旅行やプレゼントの費用に充てる、余裕ができれば海外旅行にの費用に充てる、欲しいものを買う、そういう楽しみに遣える貯蓄が別にあれば、仕事や生活にもやる気が湧いて頑張れるような気がします。